Q.オーバーホールって何するの?
    A.​古くなった弦や部品を交換して、元の状態に蘇らせます。
ピアノは本来、200年程度使用できる楽器です。
​年月を経るごとに響板をはじめとした木材部分の乾燥が進み、楽器本体の音色は深みを増していきます。
しかしその一方、弦やハンマー、その他羊毛繊維や鹿革で作られているアクション部品は30年~40年で寿命を迎えます。古くなった部品のままではふくよかな音色やタッチを得ることが出来ず、楽器としての魅力を発揮することができません。
工房へピアノをお預りし、普段の調律では不可能な調整や消耗部品の交換を施す事で、そのピアノが持つ最上の音、良好なタッチを蘇らせます。
Q.花瓶を落として鍵盤が割れてしまいましたが、直りますか?
 A.​ご安心下さい。
大丈夫です。直りますので詳しい内容をお問い合わせ下さい。
Q.花瓶を落とした時に鍵盤に水がかかってしまいました。どうしたらいいですか?
 A.​ご安心下さい。
まず鍵盤をよく拭いて下さい。鍵盤の下は調律師でないと対応できない部分ですので、早めにご相談下さい。
Q.子供がおもちゃでピアノの本体に傷をつけてしまいました。直りますか
 A.​ご安心下さい。
塗装面は簡易的な方法としっかりと塗装をする方法があります。ぜひ、お問い合わせ下さい。